相対軸とリバース『カラテ 相対軸の発見』レビュー

こんにちは!

超情報技術研究所、甲斐由直です。

相対軸の話は以前書いた気がしますが、最近のリバース武蔵の考え方で捉え直すと理解しやすくなったので、シェアします。

リバース武蔵(の後半)は、落下を水平な運動に変換する身体意識です。

相対軸の基本の一つは、落下の反動を使わないということですから、これはまさにリバース武蔵だなということなんですね。

相対軸の蹴り技では軸足を沈めるのですが、これがすこぶる難しい。しかし、リバース武蔵で軸足を沈めると自然と軸足を沈める蹴りが出せるようになります。

相対軸には震腰という腰と手足が逆に回転する技法があるのですが、ここはリバース武蔵で表現するのは難しいようです。

斜め、あるいは螺旋状に落とす意識を作ると良いような感じもしますが、もう少し研究が必要みたいです。