一般アート論

超情研KAIです。

絵画、音楽、映画、舞台、物語……

世の中にはさまざまなアート、芸術がありますが、その本質はまさに超情報技術なんですね。

作者の作った情報を作品を通じて他人に伝えるんですね。

共感覚的と言っても良いですが、情報が作品の形に変換されることで、人に伝えられるものになるわけです。

気功師の場合はそれが気であるというだけのことなんですね。

また、魔術的な呪具や、偽薬や、似非科学的な道具も、アート作品と同様であると考えるとすんなりと理解できるでしょう。

物理的にはほとんど意味がないものですが、ものを媒体として人の心に影響を与えるわけですね。

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など