神道作法による高速同調法

こんにちは!

超情報技術研究所、甲斐由直です。

最近、高速同調技術を開発したので、その話をします。

ホメオスタシス同調現象とは

ホメオスタシスというのは現状維持の働きですね。

ホメオスタシスが同調するというニュアンスは難しそうですが、臨場感が同調すると考えるとわかりやすいです。

今の物理的な世界でも、このブログの文章でも、この間観た映画でも良いですが、人間はそういった何かに対して臨場感を感じています。

そしてその臨場感がある程度固定されているんです。

固定されているというのは、別の筋に飛ばない、というようなことですね。

固定されているのはある程度、なので、大きく話が飛ぶということがあまりないということですね。

そのように、何らかの臨場感の中に閉じ込められるという意味合いでの、ホメオスタシスなんですね。

臨場感を同調させる方法

臨場感は感覚を通して感じています。

なので、感覚を同調させると臨場感が同調してくるんですね。

たとえば、呼吸を合わせるというのがよくある方法ですが、これも呼吸をする感覚を同調させることで、臨場感を同調させていきます。

相手と同じ格好や仕草をするという方法もありますね。

神道の作法はもともと神と同調する技術

神道に限らず宗教にはだいたいお作法がありますよね。

こういう作法って、そもそも神の世界の臨場感と同調するテクニックなんですよ。

神道で拍手を打つのも音の感覚を同調させているんですね。

拍手で高速同調を行う

拍手を打つと、その音を自分も相手も聞くわけです。

その音を聞く感覚に集中することで、同調するんです。

拍手はインパクトのある音なので、お互いに意識が向きやすいので、同調するんですね。

しかも、一瞬です。

そして、神の世界のような抽象度の高い世界と同調できるわけですから、人間と同調することもできるんですね。

同調は、こころの書き換えの前提なので、これを手軽に素早く行えるとメリットが大きいですね。

というわけで、今後のコーチングのセッションの密度も上がると思うのでお楽しみに。

【Youtubeチャンネル/甲斐由直の超情報技術研究所】では、さらにいろいろな話をほぼ毎日していますので、ぜひチェックしてみてください。(そしてチャンネル登録もお願いします)

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など