ライブ

甲斐です。

この間、某博士のライブに行ってきたんですよ。

表面的には爆音で特におもしろみもないインプロヴァイズを聞かされる感じで、最初に行った頃はなんか意味あんのかな〜という感じでした。

ただセミナーやDVDのオマケで参加できるので、しばらく行っている内に、意識の変容が感じられるようになってきまして、瞑想の稽古として活用しているという感じです。

今回は自分の瞑想としては最高の出来で、情報空間への高度なアクセスと顕在意識がうまく融合した感じでしたね。

トランスの感覚がわからない間は顕在意識の働きを抑えてトランス感覚をつかむのが早いと思いますが、ある程度わかってきたら両方を統合していく方向性が良いでしょうね。

自分でトランスをコントロールする、情報場を支配・操作する、という意味もありますし、トランスにのまれて悪い体験をしてしまうことへの回避の意味合いもあります。

気功で言えば魔境というやつですね。

魔境を避ける抽象度の高さは大事ですよ。

この統合のための秘伝のコツを特別に一つお教えしましょう。

それは目を開けておくことです。

目を開けたまま瞑想などをして、情報場を観察し、操作していく感覚ができると良いでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など