ゴール設定

甲斐です。

コーチングではゴール設定が何より最初に必要です。

原則として、現状の外側、やりたいこと(want to)という条件下で設定します。

どんなゴールでもいいし、いくつあってもいいし、いつ変更してもいいのです。

ゴールの設定は価値観の設定ともいえます。

現状の外側とは、ぜったいできねぇ!と思っていることをゴールに設定するということです。

それは現状の価値観の破壊行為なんですね。

現状の価値観だから現状の自分がいるわけです。

価値観を変えることで異なる自分になるということですね。

実はこれって洗脳と同じなんですよ。

価値観を破壊して新たな価値観を植え付けるということですからね。

洗脳とコーチングの違いは新たな価値観を決めるのはクライアント自身だということです。

ちなみに教育と洗脳の違いは、教育がクライアントの利益のために行われるということですね。

それはさておき、いわば自分で自分を洗脳できるようにするのがコーチングなんですね。

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など