マインドマップの3つのツールとか

こんにちは!

未来解禁!コーチの甲斐由直です。

今日は、マインドマップの書き方やツールなどについて書きます。

マインドマップとその書き方

トニー・ブザンの提唱する図の書き方ですね。

基本は中心のアイデアから放射状に言葉を連想していく感じです。

本当は、色を使うとか、絵を描くとか、いろいろなルールがあるのですが、あんまり気にしないで好きに書いたら良いと思います。

ビジネスでマインドマップを使う

ビジネスシーンでマインドマップを使う方は多いですよね。

アイデアを展開したり、要素を網羅したりと、思考の整理に向いていますね。

そして、きれいなマインドマップが書けると、それがプレゼンのツールになるということもあります。

また、マインドマップを書くことをビジネスにするのもありますよね。

マインドマップを使うメリット

マインドマップを使う一番のメリットは、頭の中を紙に書き出して、ひと目で一覧できるようにできるということです。

人間の思考は基本的に一つ一つに集中してしまうので、たくさんの情報を一度に処理するには、絵にする必要があります。

その方法の一つとして、マインドマップは効果的ですね。

マインドマップツール

いろいろなツールがありますが、甲斐が使ったことがあるものを紹介しておきます。

iMindMap

マインドマップ創始者トニー・ブザン公式のマインドマップツールです。

他のツールは、ただツリーを書けるだけ、というものが多かったのですが、こちらはマインドマップのコンセプトをきちんと体現しています。

そのため、感覚的に気持ちの良いマインドマップを書くことが出来ます。

iMindMap

Mind42

Webでマインドマップを共有できるサービスです。

チームでコンセプトを共有したいときに使いやすいと思います。

Mind42

FreeMind

マインドマップ作成のフリーウェアとしてはかなり古いものじゃないでしょうか。

そういう意味では枯れていて良いと思います。

FreeMind

マインドマップの本

マインドマップの本、たくさんありますよね。

しかし、これはトニー・ブザンの本を読んでおけば良いと思います。

基本的に何かを勉強したいときは原典にあたるのがベストです。

まぁ適当な入門書を読んでも良いですが、その程度であれば、この記事の内容を知ってるくらいで良いのではないでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など