アドバイス

甲斐です。

コーチングは基本的にアドバイスをしないものです。

まず、ゴール設定でアドバイスをすると洗脳になってしまいますので、ここは特にアドバイスを避けます。

ゴールに対してどうしたら良いのか、という部分ではかなりアドバイスの余地がありますね。

しかし、ここでもなるべく避けるようにします。

様々な理由がありますが、クライアントの状況やゴールについて一番知っているのはやはりクライアント本人だから、というのが一番でしょうか。

そこでコーチがアドバイスしてしまうと、クライアントにスコトーマを作ってしまい、コーチの限界がクライアントの限界、ということにもなりかねません。

コーチのいうことを聞いていれば良くなる!では、本当に大切な主体性は生まれませんし、コーチに依存するような関係性にもなりかねません。

なのでなるべく避けるのです。

さて、一つだけコーチがアドバイスすることが推奨されるコンテンツがあります。

それは、コーチングのしかたです。

クライアントが自分で自分をセルフコーチングできるようになることがクライアントの今後の人生にとって重要ですから、コーチングの方法論はそれなりに知ってもらうことになります。

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など