鏡の法則

甲斐です。

鏡の法則ってご存じですか?

人間関係において、相手に対して感じることは全て自分の中にある、他人は自分の鏡である、という理論です。

一冊ぐらい本紹介しときますかね→ THE ANSWER

先日、人と話していて、鏡の法則を強く感じるエピソードといいますか、シチュエーションがありまして、まぁその人は職場でいじめを受けているということなんですよ。

うまく匿名性を維持して書けないので具体的な話は割愛しますが、いわゆる察してちゃんと言いますか、自分がどれほどやっているのかを表現しないことが裏返って相手のいじめと言いますか、支配的な態度につながっているんですね。

その人は仕事を辞めると言っていますが、辞めても他の場所で同じことを繰り返すんじゃないかなとも思うわけです。

もともと持っている力の強い人なのでそれでも困らないのだろうけれども、この辺が分かるともっと楽に生きられるんだろうなーとも思いました。

ただこれをアドバイスしてしまうと、その人の人生の学びを奪うことになるということもありますし、単純なアドバイスでは相手に通らないということもあるので話を聞くだけ聞いた、という感じですね。

そしてこのテーマ、他人事ではなく自分のテーマでもあるなというシンクロニシティも感じました。

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など