火と水の原理について

甲斐です。

ふと湧いたアイデアをまとめようとライブ配信をしましたが、あまりまとまりませんでした。

火と水という基礎的な対立と協調の原理が神道の世界にはあるわけですが、火の垂直性と、水の水平性は、重力による加速(位置エネルギーの運動エネルギー化)と運動エネルギーの維持という意味があることに気がつきました。

これが分かることで、心に関するかなりの事象を火と水のイメージと統合することが可能になります。

内部表現書き換えの様々な方法や身体的な合気現象なども共通の考え方で捉えなおせるというのは、ゲシュタルトの強度が生命線である超情報技術においては決定的なアドバンテージになります。

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など