会話の中で相手の内部表現を書き換える方法

超情研KAIです。

この間、ダヴィンチ脳2のステップメールに登録したんですが、そこで一つの音声が紹介されていたんですね。

博士がアクティブリスニングと呼んでいるものを紹介していたんですが、相手が話しているのを聞くことで相手の内部表現を書き換える技術だそうです。

相手が喋っているということは、相手が今どこに臨場感を感じているかがわかるということで、それを書き換えれば良いというのが基本線ですね。

どうやるか自体は解説されなかったので、ここからはKAI流ですが、まず相手の喋る内容から臨場感を共有するだけでなく、相手の声から共有していくということですね。

声の、特に声色の部分を捉えることで、相手の意識の外側をつかめるんですね。

あとは書き込みたい内容の臨場感に声色とかの臨場感を変化させていくだけですね。

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など