変性意識に入れない人が間違っているかもしれない丹田呼吸法のコツ

こんにちは!

超情報技術研究所、甲斐由直です。

変性意識を生成するために丹田呼吸法を練習する人は多いと思いますが、実はなかなか難しいんですよ。
そこで、そのあまり知られていないコツを説明しておきます。

逆腹式呼吸でリラックスするコツ

丹田呼吸法の前に、もっと簡単な変性意識の生成法として、逆腹式呼吸を説明しておきます。

吸うときにお腹がへこみ(胸に吸い込む)、吐くときにお腹がふくらむ呼吸法です。

ただこれを、この文面のとおりに実践しようとするとなかなかうまくいかないと思います。

というのも、動きをコントロールすることに忙しくなって、リラックスどころではなくなっちゃうんですよ。

なのでむしろ、リラックスをメインに置いたほうが良いんです。

要は、息を吐くときに身体をゆるめるんです。

身体をゆるめると内臓などが重みでお腹に落ちるので、結果的に吸う時にお腹がへこんで、吐く時にふくらみ、逆腹式呼吸になっちゃうんです。

これがコツです。

あとは、吸う時に少し会陰や肛門を締めても良いです。

腹式呼吸と丹田呼吸のコツ

腹式呼吸や丹田呼吸でもコツは同じです。

腹式呼吸であれば、逆腹式呼吸の逆、つまり、吸う時に身体をゆるめるわけです。

そして、呼吸法の究極ともいうべき丹田呼吸法ですね。

吸う時も吐く時もお腹を膨らませたままにする方法です。

腹圧をかけ続けると言われているんですが、そうやろうとすると相当難しいんですよ。

そこでどうするかはもうおわかりだと思いますが、吸う時も吐く時もゆるめるわけです。

これが出来ると逆腹式呼吸や腹式呼吸での変性意識生成を超える深さに入れますよ。

単純計算で2倍ですね。

ぜひやってみてください。

【Youtubeチャンネル/甲斐由直の超情報技術研究所】では、さらにいろいろな話をほぼ毎日していますので、ぜひチェックしてみてください。(そしてチャンネル登録もお願いします)

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など