マジックワンド

コーチKAIです。

そういえばこの間ワンドを買いました。

魔術師が使う短い杖ですね。

木製の質素なワンドです。

何に使うかというと普通に魔術的な使い方をします。

西洋儀式魔術でワンドは、四元素の火の象徴であり、男性性の象徴でもありますね。

このようなシンボルを操作することで情報場に影響を与えるというのが魔術の基本的なコンセプトです。

臨場感高く体感をもって情報場を操作する感覚を磨くための小道具ということです。

そんなわけで究極的には何も要らないのですが、実際あるとだいぶ違います。

かなり内部表現の書き換えがしやすい感じですね。

まぁ魔術に詳しい人から見ると魔術の体をなしていないと思われるかも知れませんが、抽象度が高いということはそういうことなので良いのです。

もちろん、本当に魔術を極めているような方ですと、高い抽象度から認識してらっしゃって、本当は小道具なんていらないことを承知のうえで、きちんとした儀式をされているわけで、それはそれで素晴らしいのです。

おっと、今回はコーチング用語使わなかったですね。まぁいっか。

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など