ベストと胸骨

甲斐です。

先日、某武道家先生のセミナーに行ってきました。

元々フルコン空手のトップ選手の方でしたが、合気現象を研究して、その訓練法を開発されているということでした。

KAIは合気の現象化に関して、身体的な一人稽古を通じて身体を作ることは必要条件ではあると思っていますが、それだけで現象化まではなかなか行かない、対人の訓練がどうしても必要で、そこの効果的な訓練法があるのではないかと思っていました。

結果的にはそこは秘密でアップセールのオファーですね、もう一つ上級の高額コースで教えるよということで、残念ながら断念です。

ちょっと韻を踏んでみました。

しかし、一人稽古に関してはいくつも発見があって、かなり良いメソッド作って来ている印象ですね。

一つ例を上げると、身体意識で言うところのベスト、上半身を柔らかく使う意識で、ある種の合気の極意的な扱いをされるものがあるのですが、この開発法として優れているものがありました。

ベストトレーニングというと、ベストの意識のラインを作ってそれを操作する稽古が基本なのですが、それはなかなか難しいんですよね。

で、肩甲骨や肋骨にアプローチして、そこを手がかりに、ベストを開発していくということになるのですが、この武道家の先生は胸骨を重視するんですね。

胸骨と肋骨を剥がすような練習法です。

胸骨の動きは肋骨の変形を伴い、それが連動して肩甲骨が動きますから、結果的にベスト体の稽古になるわけです。

ここでベースを作った上で意識でベストを操作する稽古をするととてもうまくいくんですね。

ベスト体の反対側を意識化する、両面から攻めるということですね。

ABOUTこの記事をかいた人

コーチ、超情報技術研究所主催 コーチングを通じて、人のこころを育て、より自由で楽しい社会を作ることを目指しています。 専門分野は、コーチング、コンピュータサイエンス、気功、身体操作、心理学、速読、認知科学、武術、催眠、遠隔視、神道、和歌、スピリチュアル、音楽など